読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーグローバル学部増田准教授

理工系からこのご時世によりによって人社系に文転した大学教員の日記

良い知らせ

キャリア
おそらく毎週決まった曜日に会議が開かれているらしく、そこでの議論を経て、こちらに連絡をいただいているようであった。
何度目かのメールや電話でのやり取りを経て、講座主任の先生からその連絡をいただいた。
第一候補として教授会に推薦することになったので、ついてはメールで教授会に報告する書類に記入して、至急送り返してもらいたいという。なんとか期限までに提出し、いくつか確認の質問をいただいたものの、無事教授会に諮られることになった。
ところで本務校での就業規則に照らせば、退職を通告すべき期限が近づいており、果たして教授会での決定が間に合うのかどうか?というのが当人としては最大の関心事であり、円満に転職することがかなうのか、気が気ではなかった。
結論から言うと、通告期限までに先方からは連絡がなく、回答は翌月への持ち越しが決まった。
果たして教授会で承認していただけるのか?円満に割愛していただけるのか?二つの不安が尽きない一ヶ月なのであった。