読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーグローバル学部増田准教授

理工系からこのご時世によりによって人社系に文転した大学教員の日記

最後の一日

信じたくはないが、明日(厳密にはすでに今日)は3月31日であり、年度の最後の日ということになる。

思いがけず長い日々を過ごした研究室にお別れする日でもある。

ここだけの話、まだ片付いてはいない。

それでも明日は明日の風が吹く、だけでなく引越業者が来るのである。

日記を書いている場合ではないという意見もあるだろう。

まさしくその通りである。

人間というものは、やるべきこととその締切とのバランスが著しく悪い状況において、現実から逃避したくなる生き物であることを実感する。

お世話になった方々の顔を思い出しては感謝しつつ、箱詰めに励む丑三つ刻。